サイクルウェア レース 機材

ヒルクライムレース参加時の「持ち物リスト」


富士ヒルが、いよいよ来週に迫ってきました。

ここ2年は新型コロナウイルスの影響で、私がエントリーしていたレースも多数中止になりました。大規模な大会は、2019年のキングオブヒルクライム富士山に参加して以来となります。

そんな中でも、関西きの比較的小規模のレースには運良く参加出来ていました。市街地からも遠くなく、標高がさほど高くない場所でのレースであれば、準備は普段の練習+αの荷物で事足りる場合もあります。

ただ、今回参加する富士ヒルは、スタート地点が海抜900mです。スタート地点でさえ、5月下旬であれば「あぁ涼しいな」と思える、六甲山の山頂と同じ標高です。そこから1,200m登り、ゴールは2,300m地点です。単純計算で、六甲山の山頂から更に7℃ほど気温は下がります。自ずと、しっかりとした準備が必要になります。

数年ぶりにスケールの大きいレースを前に、当時を思い出しながら準備をしています。しかし、いかんせん2年以上昔の記憶を辿りながらの準備で、忘れ物がないか、やや心配です。

ということで?準備をしながら同時進行で「ヒルクライムレース参加に際して必要な物」をリスト化してみました。

ヘルメットetc一部アイテムは重複記載されていますが、それだけ重要だと思うが故です。あしからずご了承ください。

ウェア選び」の記事と同様、大会に参加する毎に、ブラッシュアップしていきたいと思います。

2022.08.24

以下本文を読まず、リストだけを閲覧できるようPDFデータを作成しました。

こちらよりどうぞ。

ヒルクライムレースの持ち物リスト

 

必需品 ~コレが無いと大会に参加出来ません~

  • 参加証 (署名捺印その他、記入事項は要確認)
  • 体調管理票etc、参加証に付随する物 (大会公式HPにて都度要確認)
  • 自転車 (di2やetapは事前に充電。Assiomaも忘れずに)
  • サイコン (事前に充電)
  • ボトル
  • ヘルメット
  • ビンディングシューズ
  • クイック・スルーアクスル

富士ヒル・乗鞍etc規模の大きなイベントであれば、現地の物販ブースで調達出来る物もありそうですが…まあ忘れないに越したことはありません。移動でホイールを外す場合、クイックやスルーアクスルを忘れないように。

他に気をつけるべきは、充電関係です。詳細は、各自ご自身の手持ち機材に読み替えて頂きたいのですが、私の場合は「Di2・ペダル(左右)・サイコン」です。自転車なのに、充電が必要な用品が多すぎです。なお、移動中に誤って電源が入るetcによって放電されるリスクがあるので、充電機器もセットで持って行くべきだと思います。最悪、無くても出走そのものは可能ですが…

ボトルについては、個人的にはヒルクライムレースならこれが気に入っています。非常に軽く、中身(残量)が一目で分かります。

レース当日に身につけるモノ

  • ヘルメット
  • サイクルキャップ
  • アイウェア
  • グローブ
  • 心拍計
  • インナーウェア
  • ジャージ上下
  • ソックス
  • ビンディングシューズ
  • シューズカバー
  • 両面テープ (ゼッケンを貼る用。大会規則によっては使用不可の場合あり)
  • 安全ピン (ゼッケンを貼る用。大会によっては、配布される数が少ないため)
  • アームウォーマー (必要に応じて)
  • レッグウォーマー (必要に応じて)
  • レインジャージ (必要に応じて)

これらをひとまとめにして、1コカバンを作ってしまうとラクです。かさばる量ではないので、Bag in bagでも可。ジャージは最悪どうにかなるとして、靴とヘルメットだけは忘れない!

下山用預け荷物

  • タオル (乗鞍の参加賞)
  • サイクルキャップ
  • ネックウォーマー
  • 冬用グローブ
  • レインジャケット
  • 長袖防風ジャケット
  • 長袖起毛ジャージ
  • 長袖起毛インナー
  • 長袖ドライインナー
  • 防風タイツ
  • 起毛レーサーパンツ
  • レッグウォーマー
  • 冬用ソックス
  • シューズカバー
  • ゴール後の飲食物 (中でこぼれると悲惨なので、ジップロックに入れておいた方が良い)
  • 予備チューブ
  • 携帯空気入れ
  • タイヤレバー
  • 現金(1,000円程度)
  • ポリ袋 (レースで濡れたウェアを入れる用)

下山の時間や標高次第で、ここから荷物を減らします。例えば、一昨年出場した高取城ヒルクライムは、真夏の晴れた昼間のレースで登る時間も20分程度でした。念のためジレを預けたような記憶がありますが、結果的に防寒着は全く不要でした。

しかし富士ヒルのゴール標高は2,300mに達します。ゴール地点は、スタート地点より単純に7℃近く気温が下がり、吹く風も冷たくなります。

当日がよほどの快晴でなければ、基本ゴール後は全身着替えるつもりで準備が必要です。汗・雨に濡れたウェアの上に幾ら暖かいモノを着込んでも、中のウェアが冷えて体温を奪うので、暖まりません。

下山用荷物は、真冬に雨の中で自転車に乗る事をイメージして準備しなければなりません。使わなければ、そのまま持って下りればよいだけです。持って行きすぎるデメリットは、特にありません。

長袖のジャージ・ジャケットは、最低2枚入れておくと便利です。レーサーパンツを履き替える際、長袖ジャージを腰に巻けば、わざわざ人目につかない場所まで移動しなくともレーサーパンツを着替えることが出来ます。

半袖ジャージでは、腰に巻けません。長袖でもインナー(ファスナーが無い)では、「面積」が心許なくなります。広げて腰に巻ける「ファスナー付きの長袖ジャージ2枚」がポイントです。

勿論「巻く」だけであればバスタオルでも良いです。ただ、ジャージであれば、2枚とも下山時の防寒着になります。この技は、地味にオススメです。

レース当日の朝使うモノ

  • フロアポンプ
  • 空気圧計
  • 日焼け止めクリーム
  • スポーツバルム
  • タオル×2
  • カフェイン錠
  • 骨伝導イヤホン
  • ローラー台 (専用クイックと、前輪を置く「台」を忘れない)
  • スタート前に飲む・食べるモノ (高エネルギーゼリーetc)

スポーツバルムを塗った手で目や局部を触ると悲惨なことになるので、専用のタオルは必須です。そのタオルは、アップ時の汗拭きにも使用不可。次使うのは、レース後にオイルを拭うときです。他のタオルと、明確に区別すること。
なお私は、自転車レースの際に1枚だけ浦和レッズのタオルを持って行きます。その他は、乗鞍やその他大会の参加賞etcの物を適当に持って行きます。浦和の赤いタオルが、コレ用です。

また、スポーツバルムやアップオイルを塗る場合、日焼け止めはいつ塗るのが正解なんでしょうか?個人的には先に日焼け止めを塗って、その上からアップオイルを塗っていますが…

その他、人によって差が出る部分だと思います。「コレは便利ですよ」とかあれば、是非教えてください。

 

余裕があれば持って行く物

この辺りからは、判断が分かれる部分だと思います。ご参考まで。もし、「コレはあると便利ですよ」とかあれば、是非教えてください。

工具関係

  • ディスク車用のダミーパッド・ローターカバー
  • フロアポンプ
  • 空気圧計
  • 工具箱  (工具箱を持っていかない場合、ツール缶に以下)
  • ヘックスレンチ (ペダル用の8mmを忘れない)
  • トルクスレンチ
  • ドライバー
  • 予備チューブ
  • 携帯空気入れ

このタイヤレバーがあれば、TLの滅茶苦茶固いタイヤでも取り付け出来るかと。一家に1セットオススメです。私は、工具箱とツール缶で2セット持ってます。

充電関係

  • Etap充電器 / Di2充電ケーブル
  • Assioma充電ケーブル
  • サイコン充電ケーブル
  • モバイルバッテリー
  • USB充電器

移動中、万一スイッチが入ってしまうと、知らずのうちに放電されてしまうリスクがあります。汎用品はコンビニで買うという手もありますが、専用品は持参が吉。

予備部品

  • コイン電池予備 (心拍計・シフター用)
  • クリート
  • チェーン
  • タイヤ
  • チューブ
  • ブレーキシュー

いずれも使ったことはありませんが、自分でクルマを出すなら持っていて損は無いかと。誰かに乗せて貰う場合や輪行であれば、ココは削ります。

ケミカル関係

  • ウェス
  • 水無し洗車泡スプレー
  • スプレー式パーツクリーナー
  • チェーンオイル
  • メンテナンススタンド

誰かのクルマに乗せて貰う場合や輪行であれば、ココもカット。
私の場合、帰宅後はゆっくり自転車を拭く時間が取れないので、レース後~帰宅までの時間に自転車の手入れをしてしまいます。言うまでもありませんが、チェーンを洗った場合に廃液etcが出た場合、現地に残さないこと。

その他

  • プロテイン・サプリメントetc

思い付いたら、追記します。

まとめ

ヒルクライムレースは、下山用荷物がある分、ロードレースより準備する物品が増えます。早めに準備をして当日忘れ物をせず、万全の状態でレースを迎えたいところです。私も、準備は早め早めに済ませようと思います。

2022.08.24 追記

持ち物リストのPDFを作成・追記しました。

2022.09.06

「当日身につけるもの」に「心拍計」を追記

「当日朝使うもの」に「ウォームアップ用ジャージ」を追記 (どちらも、PDFは未反映)


-サイクルウェア, レース, 機材
-,

© 2022 Better than nothing!やらないよりは良いロードバイクトレーンング Powered by AFFINGER5