UA-186821310-1 2022年に向けて動き始めます。ました。 • Better than nothing!やらないよりは良いロードバイクトレーンング

考え方

2022年に向けて動き始めます。ました。


2021年の8月が終わりました。乗鞍が中止となり、宇都宮のジャパンカップは早々に中止が決定。

http://www.japancup.gr.jp


特に区切りも無いまま、なし崩し的に私の自転車的2021年は終了しました。
(そもそも、乗鞍は妻のワクチン2回目と重なりDNSだった訳ですが。更に、そのワクチン2回目も、例の異物混入問題で延期になりました)

そして生活面では、6月に産まれた娘と7月の末から緒に生活を始め、早くも1ヶ月が経ちました。
トレーニング時間の確保には難渋していますが、生活のリズムやパターンはなんとなく掴めてきた感じがします。

8月のトレーニングログ

土日祭日しか乗ってませんw

もはや、特に何も書くことがありませんw

平日は、通勤以外まったく自転車に乗らず、土曜日の仕事後にZwiftと日曜に半日実走するのみ。
完全に、サンデーライダーのおっさんと化しました。
体力は、300wを5分も持続できない程に落ちました。

仮にも数ヶ月積み上げた成果が、2ヶ月弱休んだだけでこんなにリセットされるのかという驚きと、トレーニングの時間対効果(費用対効果の時間版ですね)が悪すぎるなぁというのが感想です。

ただ、週1回半日程度のサイクリングでも、自転車は気分転換には良いなと改めて感じた8月でした。
もう少し涼しいと、なお良いのですが。

今後のトレーニング的な話

乗鞍のDNSが決まってからは、特に目的もなく日曜日に適当に走るだけで、それでもそれなりに楽しかったです。
とはいえ、もう数年はレースで人と競う事も楽しみたいなぁと。
40代で活躍されている方もいらっしゃいますが、スポーツである以上は若い方が得ですし

まもなく34になる事考えたら、後何年でしょうか?

そして、1ヶ月娘と生活してみた結論から言えば「現状で平日トレーニングをしようと思ったら、朝練しか無い」。
あとは、それをいつから始めるか、そのやる気?覚悟?の問題かなって気がします。
その意味でも、目標が無いと頑張れないのが正直なところです。
朝1時間トレーニングしようと思ったら、1時間半は早く起きる必要があると思いますので…

と言うことで、2022年の目標を設定する事にします。

2022年の目標

  • ハルヒル(年代別) 優勝
  • 乗鞍(チャンピオンクラス) 58分代で完走

1つは順位を競って、1つはタイムを目指すという、2021年に達成出来なかった(というか、達成する機会が無かった)目標を、2022年に引き継ぎます。

あと一つくらいレースを走りたいのですが、コレというレースが未だ見つからず。

条件としては

  • 富士ヒルは出てみたいけど、2022年は娘の誕生日 2022/6/5(日) と重なる可能性が特大なので×。
  • 10月は宇都宮で遊ぶので、9月までのレースがよい。
  • ワトピアでしかお目にかかった事がないメンバーと初めましてをしたい。

くらいでしょうか。

なにか走る予定のレースがありましたら、DMでもコメントでも貰えたら嬉しいです。

筋トレを再開します

来年はcannondaleに乗り換えます!…とかいう意味はありません

コロナの関係で利用制限のかかっていたジムが、先日数ヶ月ぶりに解禁されました。
早速、昨日行ってきました。

当面は、
スクワット
デッドリフト
レッグプレス
ケトルベルスイング

をジムのメニューとして、自宅では

ランジ
ブルガリアンスクワット

を地道にやっていこうかと。

私は筋肉がつき難いので「筋肉で全てを制圧する」事は出来ませんが、最低限の筋力は大事だと思います。

あと、私の場合モチベーション面・体力面・時間的制約からいって、月2000kmとかCTL100とか乗れないです。

自転車に乗るのが最適解だとは理解していますが、そこで勝負しても他の人にボリュームで圧倒的に負けるのは目に見えています。

その意味で、人と少しだけ違うことをやらねば勝ち目はないなーとも思っています。

自転車のトレーニングは、10月か11月に入ってからのつもりです。目標とするレースが来年5月であれば、例年の肌感覚としてそれくらいから始めれば十分間に合うはずなので。

まとめ

2021年は、新型コロナウィルスが拡散した2020年よりも消化不良な1年となってしましました。
2020年末時点では、まさかこんな事になるとは想像もしませんでしたが。

2021年末までには希望者にワクチンが行き渡り、2022年はもうすこしはまともな1年になると思います。
その時にしっかりレースを走れるよう、少しずつですが始めて行きます。


-考え方
-

© 2021 Better than nothing!やらないよりは良いロードバイクトレーンング Powered by AFFINGER5