ヒルクライム 実験 機材

ヒルクライムでは、軽量ホイールとエアロホイールどちらを使うべきか? vol.3


「ヒルクライムを速く走りたいとき、ホイールは重量とエアロどちらを優先すべきか?」

ヒルクライムレースを頑張りたい勢の私にとって、気になる問いの一つです。(以下、vol.12と同じ文章を書いても仕方有りませんので、割愛します)

vol.1 平均勾配5.4%、登坂距離4.42kmのヒルクライム。「軽量ホイールが約2秒」良いタイムで走りました。

vol.2 平均勾配7.2%、登坂距離2.40kmのヒルクライム。「エアロホイールが約7.5秒」速く走りました。

このように,一見辻褄の合わない結果が出てしまい、今回予定外のvol.3。ホイールレンタル期間の都合もあり、これが最終戦です。

いつもの如く、結論だけを知りたい方のために先に結論を書くと

平均勾配6.0%、登坂距離5.10kmのヒルクライムにおいては、「軽量ホイール」の方が登坂1本平均「10秒」速かった。

この結果を、似たような勾配の全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(通称乗鞍)に置き換えると、計算上41秒の差が生まれると考えられます。

以上の結果となりました。

実験のきっかけ

vol.12と同様です。

2回の実験では,「緩斜面で軽量が勝り、急勾配ではエアロの方が速い」という、よく分からない結果になってしまいました。

テスト走行時の風、外気温が影響したと想像しますが、このままでは「どっちが良い」という結論は出せません。

ということで、平均勾配を丁度中間の6.0%に設定し、vol.3を実施。

ちなみに、乗鞍(平均勾配6.1)・赤城山(同6.3)ですので、今回実験した平均勾配6.0%という数字は、ヒルクライムレースでも「よくある」値です。

実験に際しての各種条件

比較対象ホイール

  • フルクラム Speed 25 DB 2Way リムハイト25mm カタログ重量 1.285g
  • フルクラム Speed 55 DB 2Way リムハイト55mm カタログ重量 1.580g

ホイールスペック詳細は、メーカー公式サイトよりどうぞ。

実験に使った機材

  • Bianchi Specialissima Disc(2021)
  • メインコンポ Shimano Ultegra12s
  • ホイール 上記の通り
  • タイヤ Pirelli P-Zero Race Wo 26c
  • チューブ レンタル品につき不明。ただし55mmは、パンク修理の際にパナレーサーのRAirである事が確認できた。
  • スプロケット Shimano Ultegra12s
  • ブレーキローター Shimano MT800 160mm140mm

実験コース

蓬莱峡で実施しました。なお、Stravaのセグメントとしては山頂の交差付近がゴールです。ただし、今回は約300m手前にある信号をゴール地点として、その数m手前にあるマンホールを基準地点としてタイム計測しています。

実験に際しての、その他条件

vol.1と同様に、260w4.3w/kg2本ずつ走行しています。(vol.2は、距離が短かったので4.5w/kgでテストしました)

また、過去2回は「軽量2エアロ2本」の順で走行しましたが、今回は「エアロ2軽量2本」に変更しています。他意は無く、単にローターとスプロケット交換の都合です。

それ以外、すべてvol.12と同様ですので割愛します。

実験結果

3回の今回は、軽量ホイールが1本あたり約10秒速いタイムを出しました。

実験をしてみての感想・考察

まず、毎回の走行距離がバラバラでタイム差をイメージしにくいので、「距離20.0km、優勝者のタイムが60分前後のヒルクライムレースと仮定して、差を計算してみます。

1時間以上走るとはいえ60秒の差ですから「差が無い」というのは無理がありそうです。

また、こうなると「7.2%4.3w/kgで走るとどうなったのか」が非常に気になりますが、時間の都合で出来なかったのが惜しまれます。

以上を踏まえて、一旦ヒルクライム「だけ」を走るという意味では

  • 300g軽いローハイトホイールが、やや(若干)有利と思われる
  • 300g重いエアロホイールでも、誤差に毛の生えた程度しか不利ではない
  • パワー(速度)次第では、300g重いエアロホイールが逆転しかねない

上記以外にも、読まれた方の走力・スキル・経験etcによって、いろいろな解釈があると思います。

なお、オマケのvol.4として「距離1.01km 平均勾配11%」のコースでも実験しました。勾配のイメージ的には、富士あざみラインです。ここであれば、殆どの人が軽量ホイールを選択したくなるコースだと思います。

5倍で走行したところ、ほぼタイム差は生まれませんでした。そして、試しに300g重いエアロホイールの2本目は出力を20w上げて走行したところ、15秒も速くゴールしてしまいました。

5w/kgで何十分も走れる人が、一体どれだけ居るのか」というご指摘はあると思います。私も走れませんし。

それよりも「パワーを20ww/kg0.3上げれば、平均勾配11%であっても300g重いホイールの方が速く走る」という事に驚きました。

ヒルクライムを頑張る勢にとって、pwr0.3伸ばすのは本当に大変だと思います。ただ、だからといって機材の軽量化に走っても、残念ながら殆ど結果には繋がらない(可能性が高い)という事ですね。

機材毎に走行感は違ったので、自分好みの機材を探す・選ぶ事を否定しているわけではありません。あくまで「ヒルクライムでタイムを出したい・順位を上げたいから、(カタログ・web記事を見て)今より軽いホイールを買おう」と安易に考えるのは、「ちょっと待ってみては?」というお話です。

まとめ

2回のまとめと繰り返しになりますが、300g重いエアロホイールが軽量ローハイトホイールと遜色ないタイムで登坂したのは、予想外でした。

なお、今回の実験は全て「ヒルクライムの個人TT」でした。ローテーション込みのレースであれば、また結果は変わる可能性があります。

また、「ホイールの総重量に意味はない、リム重量で比べるべき」etcのご指摘はあるかもしれません。ただ、よほどのコアなユーザーでなければ、各ホイールのリム重量リストなど持ち合わせていませんし、メーカーによってはそもそもリム重量を公開していません。

そのような理由から、今回は「同一メーカーの同グレード、リムハイトと総重量違い」で実験をしてみました。

 

ということで、今回の実験のきっかけになった

  • 「ヒルクライムにおいて、軽量とエアロホイールはどのように使い分けたら良いの?」
  • 「ホイールを1本しか所有出来ない場合、軽量ローハイトとエアロどっちを買った方が実用的だろうか?」

これら疑問に対する私なりの答えは、以下のようになりました。

ヒルクライムのタイムだけを考えれば、軽量ローハイトの方が若干有利になる場面が多いような気がします。ただ、体感できるタイム差は生まれないと想像します。

また、ヒルクライム能力の差は誤差レベルなので、個人的にはエアロ(オールラウンド)ホイールの方が使い勝手が良いと思います。

一連の実験が、2023年シーズンの以降の機材選びの参考になれば幸いです。


-ヒルクライム, 実験, 機材
-, ,

© 2022 Better than nothing!やらないよりは良いロードバイクトレーンング Powered by AFFINGER5