UA-186821310-1 実走トレーニング ハニー坂〜三田〜Cafe mannna – Better than nothing!やらないよりは良いロードバイクトレーンング

実走練

実走トレーニング ハニー坂〜三田〜Cafe mannna


昨日6/21(日)は実走トレーニング。

暫くは、トレーニング走となるのでRovalを使う必要もなく、ホイールを練習用のZONDAに戻す。

が、ボントレガーのダイレクトブレーキはリム幅変更に伴うブレーキワイヤーの調整が非常にやり難い事を、作業に取り掛かってから思い出します。

(インナーが長すぎてメチャクチャ不細工ですが、この長さでないとRovalのリム幅に対応できません。)

前後のシュー交換・インナーワイヤーの張り調整・シューの位置調整で、出発前におよそ1時間のタイムロス…もうZwift1時間やれば良いかっていう考えが頭をよぎりますw

が、貴重な梅雨の晴れ間の日曜日。予定より出発は遅れましたが、実走に出かけました

ハニー坂〜三田〜Cafe mannna

特にメニュー・どこを登るというプランもなく六甲山方面に出発。

いつも通り?阪急逆瀬川駅に向かうも、既に11時を過ぎており、かなり暑い。

盤滝交差点で踏めていない感覚があったので、今日は無理せず?ハニー坂方面へ退散。

船坂のセブンイレブンで水分補給をして、三田経由でマンナへ向かうことに決定。

道中は北風が強かったので、北進する際は登り以外でも力強く踏み込んで、少しでもL3・L4域に留まるイメージでマンナ着。

晴れた日曜の午後ということで結構混んでいましたが、テラス席が空いていたのでテラスでカプチーノを頂きました。

まとめ的な話

現状、ちくさ高原以降のトレーニング不足と週末の子守りによる寝不足で、満足なパフォーマンスを発揮できていません。

「速く走ることだけが自転車の愉しみかたではない」とは思っていますが、「少しでも速く登る」事に面白さを見出していた自分としては、今の現状は中々に苦しいです。

また、スポーツをしていると、どうしても過去良かった時の自分と比べてしまいがちですが、それも苦しさを助長します。

「またダメだった」だけでなく、「今日は何ができたのか」にも、同じくらい目を向けていこうと思います。

そういう意味では、昨日は良くも悪くも力まず走ることができました。普段右脚はモモの前面に疲労を感じることが多いのですが、昨日は左右の臀筋が均等に疲労しました。

力まなかったことで、左右均等に負荷がかかったのだと思います。


-実走練
-

© 2021 Better than nothing!やらないよりは良いロードバイクトレーンング Powered by AFFINGER5