zwift トレーニング

2021.11.29週のトレーニング記録


前週ログが書けていませんが…。書きたいことは沢山あるのですが、エモンダ破損が全て持って行きました。
なお、今のところ進展はありません。

前週ログは、簡略版としてココに記載。

11.23 箕面紅葉練。
久し振りに箕面を走り、綺麗な紅葉と共に昔を懐かしみました。

11.27 エモンダ破損
こちらにて。

11.28 Zwift練
エモンダで走れなくなったので、Zwift練。
翌週以降のために、Zwift専用機にブレーキワイヤーを取り付けてバーテープを巻くなど。

2021.11.30 ジムにて筋トレ

  • スクワット 50kg 7回
                 65kg 7回×3set
  • デッドリフト 50kg 7回×3set
  • レッグプレス 155kg 15回×2set

負荷は上げず、前回と同じメニュー。
筋肥大が目的では無いので、これ以上重量は上げなくても良い気がします。

2021.12.02 FTP計測

家の用時で有給を取得し、帰宅後にZwift練。

マクリ島で15分程度のショートレースを走ってL5域を刺激した後、体力測定です。

前回の計測が2021.10.30ですので、ちょうど1ヶ月間の練習の成果を発揮する日です。

いつも通り、コースを「Road to Sky」に設定。ラルプデュエズの麓まで10分アップして、そこから20分全力走をします。

前回から3%アップを一旦の目標とし、ターゲットパワーを20分284wに設定。(262w/0.95×1.03)
コレを維持できれば、FTP270w(4.4倍)。もし10分経過時点で余力があれば、行けそうなところまで追い込む作戦。

Ave291w。それなりに頑張れました。
FTPも276w(4.52倍)に改善。

12月は、この値を基準にトレーニングを積んでいきます。

2021.12.04 マツケンさんミートアップ

この日は土曜日出勤。土曜出勤がある日は、帰宅後Zwiftでトレーニングをするのが通常営業になっていましたが、この日は朝練を実施。

木曜に、FTP測定を行った際、1件の通知に気がつきました。「○○○○があなたをライドに招待しました。」と。

○○の欄には、マツケンさんの名前が。

最後に一緒に走ったのは、2年ほど前?にITおじさん主催の西日本対策練?でしょうか。
実業団登録も辞め、それでもお声が掛かったことが凄くありがたく、嬉しく思いました。

出勤時間的に完走は出来なさそうでしたが、それでも出勤時間まで1時間半は乗れると言う事で参加することに。

6:00定刻にスタート。のつもりが、なぜかアバターが進まん。
いつもと同じように準備していたのですが、なぜかこういう日に限って…

とりあえず、一旦アプリとスマトレのペアリングを解除し、再度繋ぎ直します。

サクッと繋がりました。

皆さんは、スタート後8分は3倍のウォームアップ区間ですが、私だけ4.5倍くらいで追いかけるハメに…。 FTPが4.75の私には、ほぼ全力案件です。流石に、末端参加者の分際で「待ってください」とも言えず。

4分ほど追走をしたところで、主催者から全員にメッセージが入ります

「ムラセさんが追いかけているようなので、ちょっとペースを落としましょう」

優しいのは開始前だけじゃなかった、本当にありがとうございました。

無事に追いつき、Epicの麓まではチャットをしながら進みます。
そして、Epicは4.2倍縛りなので、皆で淡々と登坂。
なお、今後仕事でDNFする時は、この区間は体重マシマシで負荷を掛けた方が良いかも。

下り切ったところで一度合流し、ジャングル経由でラルプデュエズへ。
ラルプデュエズは、主催者の5.0倍号令と共にスタート。もう、あの時の優しさはありませんw

私は、2つ目のコーナーで早々に千切れました…皆速過ぎですわ。

千切れた後は、時間まで粛々とSSTとZ2を彷徨う。オーバーペースで突っ込んだので、L4ペースにも乗りませんでした。

出勤前にTSS100。ありがとうございました。

2021.12.05 合コン?ライド

Emondaが無いので、ローラー専用機と化したSystemsixを何年か振りにお外で乗るこの日。

前週まで乗っていたEmondaが

  • 2018年式フルカーボントップグレードフレーム、500k
  • Roval clxのカーボンホイール
  • Sram RED Etap組

なのに対して、Systemsixは

  • 2008年式アルミカーボン混合完成車 (なお、後ろ3角アルミという珍品)、340k
  • ホイールはゾンダ (23C全盛期のフレームなので、最近のワイドリムは入らない)
  • 6800アルテグラ組

です。あと1ヶ月で2022年を迎えるいま、全てにおいてこのスペックダウンはツラい。
(Zwift専用機なので、これで何の問題も無い訳ですが)

そんな感じなので、前日準備の時点からとくにモチベーション的な物は無く、当日朝もゆるゆると出発。

河川敷に出ると、ブラケット周りのポジションが微妙に合っていない事に気がつきます。エモンダと比べて、ブラケットが手前にあって、高い。
メジャーでキチンと数値を合わせたつもりでも、走ってみると合わないパターンの奴です。

宝塚まで行って、ハンドルを調整しようとコンビニに入ると、大勢のサイクリストの中に見覚えのある方が。
ybさんです。直ぐに分かりました。
一方私は、制服と化したハイビズイエローのTREKウェアでは無かったからか、最初全然気がつかれませんでしたがw

話を聞くと、ybさんともう一方+女子3人で、篠山までハンバーガーを食べに行くと。合コンらしいです。

一緒に行く?とのお誘いを頂き、合流した女性陣のOKも貰えたので、私も参加する事に。
なお、アタックや千切りは禁止とのことです。

私は、時間的に篠山までは行けない&ハンバーガーを食べている時間は無いので、行けるとことまで行って引き返します。

ルートは、当初十万辻~西峠の予定を、雨雲回避のため波豆のコスモス畑経由で三田ループ経由となりました。
私は、三田ループ手前の名も無き丘で、時間切れ撤収。

帰りはゴリゴリ踏んで、トレーニング強度で帰宅。

慌ててフレームインするご陽気な方々と

当日飛び入り参加だったにも関わらず、快く受け入れて頂きありがとうございました。

皆さんは、雨にもマケズ、美味しいハンバーガーにありつけたようです(私には、三田のお刺身定食に見えましたが多分気のせい)

まとめ

Emondaが壊れて、当初systemsixでは外でトレーニングをする気分にはなれませんでした。
ワガママな話ですが、どうしたってEmondaと比べて、ダメなところが目につくと思ったからです。

ただ、実際に乗ってみて、走行感は全然悪くありませんでした。
というか、エモンダとの価格差を考えたら十分満足でした。レースや峠で1秒を競うような走り方をしなければ、2008年式のフレームで全く不満は無いです、正直。

強いて言うなら、エモンダのシンプルなペイントが好きなので、ロゴ多めのデザインが古臭く感じます。
あと、乗り心地はエモンダの方が確実に良いです。1月にブルベ走るとしたらこのフレームで走る訳ですが、ちょっと躊躇しますw

しばらくは、このカチカチキャノンデールを楽しみますがエモンダが

  • 保証になるのか
  • 自費修理になるのか
  • 自費修理になった場合、直るのか。

工期2ヶ月を考えると、年内には何かしら進展させたいところです。


-zwift, トレーニング
-,

© 2022 Better than nothing!やらないよりは良いロードバイクトレーンング Powered by AFFINGER5