zwift トレーニング

富士ヒルに向けて基礎練期間


年明けから、コンディションが下降気味です。

1月の12.13に謎の発熱。

インフルエンザかと思い、近隣の発熱外来を受診すると「そういって受診する人は、ここ2年ほぼ例外なくインフルエンザではなく、コロナです」とのこと。

結果的には、どちらでもありませんでしたが。

そして、1/24にブースター接種。丸2日、悪寒と発熱倦怠感に苦しみました。今も、午後〜夕方になると、なんとなく寒気というか倦怠感を感じることがあります。

 

ブースター以降、パワーは出ないのに心拍数はあがり、呼吸が苦しくなるという状況に陥っています。

勿論、接種との因果関係を明らかにすることは出来ませんが。

こんな調子で、すこぶるコンディションが悪いので、2月に入ってからは基礎練に終始しています。

2022.2.6 Tour de Zwift stage8

ブースター後、初めてのトレーニングらしいトレーニング。

どれくらい走れるのかが読めないので、イベントで現状確認とします。

 

スタートダッシュこそ先頭に残るも、3分程度の丘であっさりと離脱。

その後は、L3ペースで淡々と。

そんな展開でも呼吸は非常に苦しく、20minの心拍数は直近42日以内のaveMaxを更新していました。

身体に何が起きているのでしょうか?

2022.2.8 20min走+13min走

20min×2のつもりでしたが、例の如く呼吸が苦しく、2本目は13min で終了。

平均出力は、267wと265w。

FTPの95%が限界です。

2022.2.11 Carson+2(1.5h)

明らかにコンディションが悪いので、20min走よりも完遂しやすいワークアウトへ。

それでも、後半3setは脚・呼吸共に限界スレスレ。

Carson1.5hがギリギリ完遂では、1hのヒルクライムなんて走れる訳がありません。

苦しい状況ですが、出来ることを頑張るしかありません。

 

2022.2.13 The PRETZEL完走

いま必要なのは、「短時間高強度」ではなく「長(中?)時間低強度」と判断。

2h掛けて、The PRETZELのコースを完走することだけを目標にしました。

表Epic+ラジオタワーと、裏Epicだけは、L4。それ以外の区間はL2。

私の場合、実走でもこのような感じのパワーデータになります。

黙々とペダルをまわし、無事完走。

個人的には、2hが集中力の限界と感じました。

富士ヒルにエントリーしました

遂に?最初で最後の?富士ヒルにエントリーしました。

例年、6月第1週だと思っていたのですが、今年はなぜか?第2週の開催。

娘の誕生日が6月頭なので、今年を逃したら来年以降出場出来る見込みがないと判断し、今年は走ることにしました。

なお、目標レースにしているハルヒルは、現時点で公式からは開催のアナウンスがありません。

(高崎市の予算には、組み込まれているようですが)

ハルヒルがあれば、残り3ヶ月。富士ヒルまでは残り4ヶ月。

本来ならトレーニングのギアを一段階上げたい時期なのですが、まさかの逆行という。

焦りすぎず、でものんびりはせずに、練習を重ねたいと思います。

PS富士ヒルエントリー画面にて。出走時に使う自転車のメーカーを回答しなければならないという(必須)。

とりあえず、cannondaleと回答しましたが…

 


-zwift, トレーニング
-

© 2022 Better than nothing!やらないよりは良いロードバイクトレーンング Powered by AFFINGER5